足場職人としてキャリアアップできる資格とは?

 

皆さんこんにちは。

長野県上田市を拠点に、県内全域で足場工事や仮設工事等を手掛けている株式会社ANZENです。


将来にわたって安定した仕事に就くために「手に職を」と考えている方も多くいらっしゃるかと思います。それを公的に証明するためには、「資格取得」をしていくことが最善の道だといえます。

そこで今回は、足場の組立て作業に関する資格をいくつかまとめてみました。どのような資格があるのか見ていきましょう。



■資格の強さについて


建設現場では危険を伴うこと作業をする場面もあることから、資格保有者が作業に従事することが求められています。現場の安全、そして自分自身の安全のためにも、資格は欠かすことのできないものです。資格にもいろんな種類あり、国家試験が伴う「免許」や講習を受けるだけで取得可能な「技能講習」などがあります。一般的に資格の強さは、強い順から


免許>技能講習>技能講習特別講習>安全衛生教育


となっています。それでは、具体的にどのような資格があるのか解説していきます。




■足場の組立て等作業従事者特別教育


足場の組立、解体、またはそれに付随する作業に従事する労働者に対して、労働安全衛生法により、受講が義務付けられている講座です。平成27年7月1日の時点で足場作業経験がない場合は、6時間の講座を受けることになります。とび技能士2級以上の合格者や各種免許所有者など、条件によっては受講を省略されることがあります。



■フルハーネス型安全帯使用作業特別教育


フルハーネス型の安全帯を使用する業務に携わる労働者に義務化されている講座です。墜落防止に対して十分な措置ができない現場も多々あり、そのような現場ではフルハーネスを使用しての作業が義務付けられています。経験により多少省略されることもありますが、基本的には学科4.5時間、実技1.5時間の内容となっています。フルハーネス型の墜落制止用器具の知識や関係法令などの知識を、実技を混えて習得していきます。




■とび技能士(1級~3級)


都道府県ごとに実施される国から認められた国家試験で、3つの等級に分かれています。試験概要は「実地作業試験」と「学科試験」の2種類あり、1級が最も難易度が高くなっています。3級なら学歴や経験は不問で受験することができますが、2級以上を受験する場合は相当年数の実務経験が必要となります。また1級の資格を取得できれば、とび親方として独立することもできます。



■足場の組立等作業主任者


吊り足場や張り出し足場、高さが5m以上となる足場の組立や解体などに関する作業について、作業方法や労働災害防止策などを講習で学ぶことにより取得できる国家資格です。この資格の取得者は、足場施工の現場責任者を任されることが多いです。2日間の講習を受講した後、学科試験に合格すれば、晴れて資格取得となります。



■足場の組立等作業主任者能力向上教育


足場作業主任者の資格保有者を対象にした教育講習で、労働安全衛生規則により資格修了から5年以上経過している場合に、受講することが義務化されています。また、この講習を受講後5年以上経過している場合も受けなければなりません。足場や部材に関する知識や、足場の組立の安全・保守管理などについて学習します。




■建築物等の鉄骨の組立て等作業主任者


ビルやマンションなど、高さが5m以上の鉄骨、または金属製の足場に関する作業に従事する場合に必要となる資格です。受験資格は、21歳以上で、鉄骨の組立・解体、またはそれに付随する作業の実務経験が3年以上ある者を対象にしており、講座を受講することで資格所得が可能です。資格所有者は、現場での安全監督や作業者の指導を行っていくことになります。



■仮設工事施工安全監理者/仮設工事設計安全監理者


建設現場の足場の安全監理や点検を行う方に向けての講習で、受講後に行われる試験に合格すると資格所得できます。仮設工事施工安全監理者では、主に現場の足場を点検する方に向けた講座内容で、ほぼ丸1日かけて受講します。また、仮設工事設計安全監理者では、現場での点検に加えて、計画段階での足場設計の確認や、点検に関する講座を受講します。




■足場の組立て等の業務に係る特別教育講師養成講座


「足場特別講師養成講座」とも呼ばれるもので、教育担当の講師をされる方に向けた講座となっています。足場の作業方法に加えて、次世代への教育方法の習得を目指しています。工事の設備や作業環境に関する知識、労働災害を防止するための知識などを1日かけて学びます。受講が終了すると終了証明書を受け取ることができます。



■その他


他にも足場の組立てに関連する資格として、「玉掛け技能講習」「玉掛け特別教育」「フォークリフト」「中型自動車免許」などもあります。資格がたくさんあり大変だと感じるかもしれませんが、資格を取得すればその分周りと差がつくので、作業内容の幅も広がって、キャリアアップへとつながっていきます。




■まとめ


今回ご紹介したのはごく一部で、足場職人としての道は非常に奥が深いものです。なかには足場の仕事をするうえで必須のものもありますが、資格を取得することでいくらでもキャリアで上を目指すことができます。キャリアアップできれば、もちろんお給料もアップします。


なおANZENでは、冒頭の「足場の組立て等の業務に係る特別教育講師養成講座」「フルハーネス型安全帯使用作業特別教育」に関しては、入社後すぐに受講していただいて、安全に業務をこなしていただくための基礎を学んでいただいています。


また、資格取得に関する費用は会社が全額負担し、資格取得・技術向上を全面的にサポートいたします。働きながら無理なく自身の技術を高めたい方、興味をお持ちの方は、ぜひANZENまでご連絡ください!


■仮設足場施工スタッフ募集中!■

ANZENでは現在、足場職人さんを募集しています。

ご質問があれば、どうぞお気軽にお問い合わせください!


<応募要項はこちら>

https://www.indeedjobs.com/anzen-recruit/jobs/fd0ad196074ac3633dba


<ANZENへのお問い合わせ先>

TEL.0268-72-8850

https://anzen-support.jp/contact



お仕事に関するお問い合わせや求人募集に関するお問い合わせも

LINEにて受け付けてます

アカウント名:株式会社 ANZEN

担当:山岸

LINE@ID:anzen0523