三大都市圏からの移住歓迎!長野県が行っている移住支援金とは

 

皆さんこんにちは。

長野県上田市を拠点に、県内全域で足場工事や仮設工事などを手がけている株式会社ANZENです。


以前は地方移住というと定年後のセカンドライフというイメージがありましたが、近年では若年層のあいだでもニーズが高まり、理想のライフスタイルや環境を求めて移住するケースが増えています。特にコロナ禍をきっかけに都心から地方へ移住を考える方も増え、あらためて地方移住が注目を浴びています。


ANZENが拠点を置く長野県は、移住先としてトップの人気を誇るエリア。県でも移住支援事業を行っており、ANZENもこの移住支援事業の対象企業として参画しております。

魅力ある土地で生き生きと働くのも人生の大切な選択肢。今回は移住支援制度についてご紹介します。



■移住支援事業「UIJターン就業」、支給金額は最大100万円⁉



長野県では移住促進や県内企業の担い手を増やすため、「UIJターン就業」という移住支援金の支給制度を設けています。

これは東京圏(埼玉県、千葉県、東京都および神奈川県)、愛知県または大阪府からの移住者を対象としています。


この制度では、単身世帯の場合は最大60万円、2人以上世帯の場合は最大100万円が支給されます。支給額は市町村によって異なりますが、ANZENが拠点を置く上田市は同条件を採用しています。


移住は大都市圏に比べて生活費や住居費用が安いのが魅力ですが、引っ越し資金や入り用になる支度金など考えると、これだけの支給が得られるのは嬉しいですよね。


出典:長野県移住支援事業に関するご案内(https://www.pref.nagano.lg.jp/rodokoyo/sangyo/rodo/koyo/kyufukin/20190401.html



■史蹟からアウトドア、新旧の魅力にあふれた街・上田



上田市は県庁所在地である長野市、松本市に続く県内で3番目の規模の街。長野市・松本市からいずれも車で約1時間で、北陸新幹線が停車する上田駅からは川や山・高原へのアクセスもよく、アウトドア愛好家からも注目を浴びているエリアです。


また信州の中心地として栄えた歴史をもち、「日本一(ひのもといち)の兵(つわもの)」とたたえられた真田幸村ゆかりの地。観光スポットとしても人気を博しています。信州最古の温泉「別所温泉」や「丸子温泉郷」などの温泉も人気ですよ。

一方で若いオーナーが営む美味しいパン屋やレストラン、センスのよいショップもあり、新旧の魅力にあふれた街なのです。


気候は県内でもっとも降水量が少なく日照時間が長く、穏やかで住みやすいとの評価を得ています。行政サイドでも移住に力を入れており、空き家バンクや移住相談会スケジュールなど、移住にあたりリーズナブルに住まいを探せるシステムも整っています。



■支援金ももらってANZENで働いてさらに稼ぐ!



支給金が授与されるためには、いくつかの条件を満たすことが必要です。この移住支援事業の条件については、次回さらにくわしくご紹介いたしますね。


このような制度を活用した上で、労働条件や給与条件のよいANZENで働けば、さらにしっかりと稼ぐことができます。


今や、ストレスをためながら働いて、家に帰ってもただ休むだけ……というライフスタイルはナンセンス。環境の良い街に住み、働いた分はしっかりと対価を得て、プライベートを充実させるのが理想です。

もし今の働き方・生き方に迷いがあるのなら、この制度を利用して「おいしい水と空気がおごっつぉ(上田地域の方言で、ごちそうの意)」の街・上田に移住してANZENで働いてみませんか?


長野県上田市の株式会社ANZENでは、随時求人募集を行っています。しっかりと休みが取れ、社員1人1人が働きやすい環境を整えているのが強みです。

福利厚生も充実しており、各種保険や手当に加え、全額会社負担での資格取得支援制度もあります。未経験者も大歓迎。ぜひお気軽にご連絡ください。


<お問い合わせ>

https://www.anzen-support.jp/contact


<募集要項>

https://www.anzen-support.jp/service003#section_157709