ANZENを支える縁の下の力持ち!機材センターのお仕事とは

 

皆さんこんにちは。長野県上田市を拠点に、県内全域で足場工事や仮設工事などを手がけている株式会社ANZENです。


ANZENでは現場で働く職人さんだけでなく、機材センターのスタッフも募集中です。

ではその機材センターでのお仕事とは、一体どんなものなのでしょう?

今回はANZENの縁の下の力持ち、機材センターのスタッフの仕事内容について紹介していきます。



■ANZENの機材センタースタッフのお仕事は、こんな内容です!



足場工事や仮設工事にとってなくてはならないのが、足場を組む機材・資材です。鳶職人がその上を歩く「鋼製布板」といったプレートや足場用パイプなど、足場工事にはさまざまな機材・資材が必要とされます。


そもそも足場工事自体が、工事全体の作業性と安全性を担うもの。建物の出来・不出来は、いかに精度が高く作業しやすい足場を組めるかにかかっています。

そして足場機材は、その足場工事そのものの安全性を支える、縁の下の力持ちのような役割です。足場機材が適切に品質管理されていなければ、安全な足場が組めません。


足場機材をレンタルですませる会社もありますが、ANZENでは自社保有の機材センターを構えています。というのも、安全な仮設工事の第一歩は機材の整理から始まるもの。ストックヤードでは品質管理を徹底して行っています。

この機材センターでの具体的なお仕事は、足場資材の出荷準備や日々使用される足場資材の整理・整頓。現場での職人さんが円滑に働けるように支える、大切な仕事です。



■ANZENならではの皆勤手当てや通勤手当なども支給!



これまでにも紹介していますが、ANZENは福利厚生が充実しているのが強みで、働きやすい環境づくりに余念がありません。とかくブラックと言われがちな建設業界にあって、がんばった分はちゃんと社員に還元するポリシーを掲げています。


こちら(https://www.anzen-support.jp/blog/column/126853)でも紹介しているように、通勤手当や皆勤手当ても充実。皆勤手当てとしては、出勤日数×1,000円の手当を毎月支給しており、仮に1カ月あたり25日出勤するだけで、基本給とは別途25,000円が支給されるのです。


また機材センターでのお仕事は残業もほとんどないので、プライベートの計画が立てやすいのもうれしいところ。しっかり稼いでプライベートも充実させたい方にはおすすめのお仕事です。



■ANZENの縁の下の力持ちとして働きませんか?



コロナ禍で会社が倒産したりボーナスが減額されたなど、残念なニュースが入ってくる今日この頃ですが、建設業界は堅調を維持しています。

というのも高度経済成長期につくられた建造物は今、老朽化対策が必要な時期を迎えており、政府も対策費用を増大させています。こうした傾向が今後20年は続くという予測もあり、おかげさまでANZENも好調な業績を維持しています。


さらにここ最近は台風や集中豪雨、地震などの頻発による被害の対策で、個人レベルから企業まで建造物の補強工事が至るところで行われています。国も通称・国土強靭化計画として1兆円もの費用を割いているよう、建築・土木業界は今まで以上に人材を必要としているのです。

そして足場工事はすべての建築工事のスタートとなるもの。安定した収入を得たい、という方にはうってつけです。


現在募集中の機材センターのスタッフには、何かしらの資材整理等の経験がある方はもちろん、運送の出荷業務などのご経験のある方も大歓迎。

他の分野における整理のノウハウを活かして、今よりもさらによい職場でステップアップしたいという方は、長野県上田市の株式会社ANZENまでお気軽にご連絡ください。もちろんこのブログを読んで機材センターのお仕事に興味をもたれた未経験者の方からのご連絡もお待ちしております!